恐れ入りますが、リアルな人形やグラスアイが苦手な方は閲覧をお控えください。「まよなかのとしょかん」で主に東京方面のイベントに出没。ディーラー情報や日常ネタまで堀河が呟き中。このBlogに掲載されている画像の無断転載・複製(デッドコピー)を禁止致します。
http://mayonakanotosyokan.blog90.fc2.com/
ドールズ・パーティー36お洋服紹介その1。
2016-12-11 Sun 01:19
0013_20161211002140d0c.jpg

いよいよ大詰め。
ドールズ・パーティー36に向けて『まよなかのとしょかん』が予定しているお洋服の紹介です。

今回は宮澤賢治『ひかりの素足』。
前に有名な『銀河鉄道の夜』をテーマにした服を『まよなかのとしょかん』として作っていますが、個人的には『ひかりの素足』の方が好きだったりします。
『銀河鉄道の夜』と『ひかりの素足』は双子とか対の話と言われてますが、『銀河鉄道の夜』の壮大で幻想的な感じが『ひかりの素足』だと途端に生々しく残酷的になる辺りが本当に読む度にザワザワして…
銀鉄の広大で途方もない絶望感とは違う、客観的で救いようの無い絶望が本当に生々しいお話です『ひかりの素足』。返す返すも児童文学じゃ無いよあれ(笑)
愛ですら情け容赦無い感じ。今流行りの感じでいうなら本気のアガペーです(爆笑)無償を通り越して絶望的な感じ。最初に書いた通り堀河は『ひかりの素足』大好きです。

『まよなかのとしょかん』の作る服にも、その辺りが反映出来ていたら、と思います。

ということで(どういう事…)『ひかりの素足』最初の紹介はSDGr少年サイズ。
『ひかりの素足・兄のセット』(もうセットの名前決まりませんでした…)。
いつも通りここからは写真が多いので、畳みます。

セット内容はオーバードレス、レースパニエ、7分丈ズボン。
対応サイズはSDGr少年です。
写真は試作品ですので、実際のお洋服と異なる部分があります。
大きくイメージを変える事はありませんので「こんな感じかぁ」ぐらいて見ていただけると。
当日ブースに完成品を展示しますので、確認してください。

1001_201612110017077ae.jpg

1003.jpg

全て着た状態。
オーバードレスは立ち襟で、被り仕様。素材は綿ローンで、ダメージ加工、紅茶染めをしています。

0016_201612110019098dc.jpg

前は包みボタンです。
七草も堀河も、ドールに服を着せる時に兎に角パーツを外すのが死ぬほど苦手なので(笑)
なるべくどのパーツも外さないまま着られるようになっています。
袖はビショップスリーブ、ドレスの裾は変形後ろ下がり。長くトレーンを引きます。

1006_201612110017111c8.jpg

裾はダメージ出すために裾処理をあえてしていません。

1004_20161211001709a36.jpg

オーバードレス、見づらいですが前身頃下半分に縦に2本、アジャスターのような機能を持たせたリボンが仕込んであります。
引っ張ると裾がたくし上がるので、中のレースパニエを見せて着ることが出来たりシワを作って華やかにボリュームを出して着せたり出来ます。
この写真は、逆に2本のアジャスター機能を完全に伸ばした状態で着ているところ。
パニエ履いてますがアジャスター使わないと前がすっきりします。

0018_2016121101121317f.jpg

サイズ違いますが、これだとアジャスター機能を使用した感じがわかりやすいですね。

0026_20161211001910a80.jpg

後ろはかなり長め。
悩みましたが、おそらく不要の方もいらっしゃると思いますので花冠は別売りにしました。

1008.jpg

1007.jpg

裾を適当なところで持ち上げて花冠のクリップで留めるとこんな感じのバッスル仕立てに出来ます。
中のレースパニエが結構派手なので(笑)中々豪華。
オーバードレス、両肩に3本づつピンタックが入っているので、シンプルな感じでも寂しい印象ではないかな、と。

シンプルだけど結構手の込んだお洋服に仕上がったかと思います。
次回は40センチサイズの紹介が出来れば。
別窓 | イベント関連 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ドールズ・パーティー36お洋服紹介その2。 | まよなかのとしょかん | とりあえず出揃いました。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まよなかのとしょかん |

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード